パリ・オペラ座

オペラ座

オペラ座は、30年前から屋根の上にミツバチの巣箱を置いて、ハチミツを収穫し、オペラ座の売店で販売している。

都市型養蜂の元祖とも言えるオペラ座は、ハニーファームの想いに強く共感して、姉妹連携をし、今後協力と情報交換をする友好関係を結びました。

-訳-
オペラ座とハニーファームは、本日よりミツバチを通じて地球を守り、次世代を育み、社会に貢献するために協力と情報交換をする友好関係を結びました。

Societe Centrale D'Apiculture

societe centrale d'apiculture

1856年設立。

パリ市内の公園で子ども達に、ミツバチについての学習を150年している。

目的は「自然への尊敬の想いを子孫に伝えていくこと」700名のボランティアが活動を支えている。毎年、3500人の子ども達がミツバチを見学し、学習している。

“ミツバチは自然を悟る鍵である”をテーマに、ハニーファームと想いを同じくするとして姉妹提携を結んだ。150年の経験から学び、ハニーファームは日本型「ハチ育」を推進する。

PageTop